外壁塗装で愛着のある我が家を守る|コスト削減

定期的な塗装の重要性

塗装

寒暖差の大きい気候と外壁

住宅の外観を大きく左右する外壁には、何らかの塗料を使った塗装が施されているものです。こうした外壁塗装は単に美観を整えるだけでなく、外壁の耐久性を高める目的で実施されています。壁に塗料の膜がある場合とない場合では、外壁素材の風化に大きな違いが生じるのです。関東地方の内陸部に位置する人口約52万人の宇都宮市は、寒暖差の大きい点を気候の特徴としています。夏は蒸し暑い日が多く、最高気温が35度を超える猛暑日も多いものです。逆に冬は乾燥した晴れの天気で放射熱冷却が発生し、氷点下5度以下にまで冷え込む日も少なくありません。宇都宮市は雷都の異称でも知られており、夏場に雷が多発しています。発達した積乱雲に伴う激しい雷雨もしばしば発生し、7月から9月にかけての月間降水量はいずれも200ミリ以上です。寒暖差が大きく夏場に激しい雷雨の見られる気候のため、宇都宮市の住宅では外壁塗装への大きな負担が避けられません。一般に外壁塗装は寒暖差が大きいほど傷みやすく、雨の影響も強く受けるのです。宇都宮市の住宅は他の地域の住宅よりも外壁塗装の寿命が短くなります。定期的な塗り替えの際には、その点を考慮するといいでしょう。

住宅を保護する塗装

塗料は何度でも塗り替えることができますが、下地となる外壁素材は簡単に交換できません。家に長く住み続けるためには、外壁素材を長持ちさせるために塗装の定期的な塗り替えが欠かせないのです。一般的な外壁塗装のケースでは、10年をめどに塗り替えのタイミングを迎えると言われています。10年が経過した外壁塗装は、目地と呼ばれる部分のひび割れや剥がれが発生するようになるのです。塗られてから長い時間が経つと、塗料の変色や色落ち・汚れも目立ってきます。気温の寒暖差が大きく激しい雷雨の多い宇都宮市では、10年よりも早い段階で外壁塗装の劣化が見られる傾向にあります。塗装業者によっても作業手順に違いはありますが、高圧洗浄と養生下地処理による前処理は塗装作業に欠かせません。塗装に先立っては古い塗料と汚れを落とし、その上に新しい塗料を塗ることで定着度を高める必要があるのです。細部にわたるていねいなケレン作業も塗装業者の腕の見せどころです。しっかりとした前処理を施しておけば、外壁塗装は宇都宮市の気候にも長期間耐えられます。他の都市よりも外壁塗装が傷みやすい宇都宮市の住宅では、塗装業者選びが外壁の寿命を決めるのです。